Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

プーケット家族旅行記

プーケット家族旅行記 2012 Part2

バンコクのスワナンプーム空港から、飛行機を乗り換えます。 



-☆lanking☆-
バスで飛行機の搭乗口まで行くのかー!





これは初めて。



私たちが乗る飛行機が目の前に。




さっきの日本→バンコクの飛行機と少しデザインが違うね。



階段で乗り込みます。




日本人はそんなに多くないようです。






ここからは約1時間しか乗らないのに、モニター付きです。




さっきの6時間フライトが、こちらの飛行機だったらよかったのになー。




軽食(大人用)。




クロワッサンに、葉物野菜とポテトのマヨネーズ和え的なものが挟んでありました。




クセはなくおいしかったです。




チャイルドミールは大人とほぼ同じで、パンが食パンのサンドイッチでした。







見えてきたよ〜!



緑がたくさんですね。



プーケット空港です。




とてもこじんまりしていますね。



現地時間19時、日本との時差は2時間なので、日本では21時です。




よーっし、荷物を受け取るぞー、と張り切って見つめるも、、、まったく流れてきません。




成田から乗り継ぎで来た人たちは、ここではなく、違うところで受け取るらしかったです。




まごまごしてしまったので、お迎えバスの人に迷惑をかけなければいいけれど。。。





空港を出てすぐ、HISのガイドの方(ペンさん、という方でした)が待っていました。(↑の写真右端の女性)




日本語がとても上手です。




なんと、ヒルトン(今年のホテル)に行くのは私たち家族だけなのだそうです。




グアムでの混載バスに慣れていた私たちはなんだか不思議な感じがしました。




空港からホテルのあるカロンまでは、約1時間かかります。(プーケットってけっこう大きい島なんだなー)




車の中で、ペンさんから、今回の旅行について説明を受けます。




食べ物のこと(屋台のメニューは基本的にNG、魚介類などの生ものも避けたほうが良い、ホテルのフルーツはOK、水道水は飲めない 等)




トイレ事情(使ったトイレットペーパーは流さず、トイレ横のゴミ箱に捨てる。水を流すレバーが無いトイレは、便器の横においてある水を汲んで流しいれる 等)




そして、今年泊まるヒルトンのあるカロンビーチはこの時期、波が高く遊泳禁止であること。(聞いてないよー!!)





途中、夕立のような雨が降り始め、停電している地域を通りました。




「プーケットではよくある」のだそうです。(ペンさん談)




道沿いにたくさんのお店や、バイク、町並みそのものが活気があって、外国に来た感が高まります。





今回泊まったホテル「ヒルトン プーケット アルカディア リゾート&スパ」のウェルカムロビーに到着しました。




とても広い敷地で、それぞれの建物にロビーがあるため、バスが巡回しています。




タクシーなどにはここで降ろしてもらい、自分の建物までバスで行くのだそうです。




私たちの泊まる部屋がある建物に到着しました。




右側にフロント、左手にプールと朝食を食べるレストランがあります。




チェックインの手続きを待っていると、ウェルカムドリンクと冷えたお絞りが出てきました。




長旅だったので、これは嬉しい!




なぜか、ツアーを申し込んだ時点では、ガーデンビューの部屋ということになっていましたが、オーシャンビューの最上階の部屋にグレードアップしてもらえました。




海が見える部屋なんて、期待していなかっただけに、とても嬉しい!(なんせ、グアムのヒルトンではエアコンの室外機ビューでしたから^^;




フロント右手のレストラン(バー?)では、生演奏もしていてとてもいい雰囲気。




ステキですね〜。




部屋に入りました。




水周りの確認OK




シャワーブースはとても嬉しいですが、これは、、、、グアムのヒルトンと同じで、下から水が漏れるパターンですね。。(実際、いくら気を付けてシャワーを流しても下から水が。。。)




トイレも、ホテルのトイレはきちんとペーパーも流せます^^




なにはともあれ、何かお腹に入れて早く寝ましょうっ



ホテルの中でやっている本格タイ料理のお店に行こうか。



まずはタイでは有名なシンハービール。




子供たちはレモンのシェイク(?)




メニューは、英語、中国語、韓国語、日本語など、いろいろ用意されていました。





豚肉を焼いたもの。


スペアリブ。



牛ひき肉と香草のお料理



イエローカレー。





タイ米はどんどんお代わりできます。




どの料理もハーブの香りがだんだん苦しくなってきますが、イエローカレーだけは、辛いものが大好きな私たち夫婦としゃるには、ココナツミルクのまろやかさに青唐辛子の辛さがクセになる味でした。(この後、旅行中にあと2回イエローカレーを食べます)





赤ワインも飲んで。。




時刻は9時。(日本時間は11時)




すぐに部屋に戻って、ぐっすり眠りました。
-☆lanking☆-
  • 2012.08.04 Saturday
  • 15:04

Comment
Send Comment